指導員の資格

 

公益社団法人 日本ダーツ協会 指導員規程

(目的)
第1条 公益社団法人日本ダーツ協会(以下 「本協会」 という。)は正しい指導法の基に安全にダーツの普及と指導体制の確立を図り、国民の健康や生涯スポーツの発展に寄与する指導者を養成するため指導員制度を設ける。

(責務)
第2条 指導員は、第1条の目的達成のため、本協会指導員として、ダーツの普及、振興を第一の責務と自覚し、熱意をもって行動しなければならない。
2.指導員は、ダーツの技術、指導力の向上の為、研修と研鑽に努め、協会の指定する講習会等に参加出来るように努めなければならない。

(資格認定委員会)
第3条 指導員の資格審査については、資格認定委員会(以下「委員会」 という。」)が審査業務を担当する。

(指導員の種類)
第4条  第1条の目的を達成するため、指導員の資格はA級指導員、B級指導員、C級指導員とする。

(指導形態)
第5条 各指導員は下記の目的により養成する。
1.A級指導員(上級指導員)各種イベントのエキシビジョン。
各地域でダーツの技術指導の中核となり、 本法人で行う指導者の育成指導にあた る。高度の技術指導を行うとともに新たな技術の研究開発にあたる。

2.B級指導員(中級指導員)各種イベントのエキシビジョン補佐
各地域でダーツの技術指導の中核となり、 都道府県で行う指導者の育成指導にあ たる。

3.C級指導員(初級指導員)
地域社会におけるダーツクラブやグループを対象に、基礎的知識と技術を指導すると共に普及活動にあたる。

(受験資格)
第6条 受験資格は次のとおりとする。

1.A級指導員は下記の項目のすべてに該当している者とする。
(1) B級指導員資格取得後5年以上ダーツ活動を指導し、本協会が認める者。
(2) 県大会以上の入賞者及び理事会推薦者

2.B級指導員は下記の項目のすべてに該当している者とする。
(1) C級指導員資格収得後3年以上ダーツ活動を指導した者、 若しくは、都道府県ダーツ協会が推薦する者。
(2) 正・競技会員であること。

3.C級指導員は下記の項目のすべてに該当している者とする。
(1) 18歳以上の者
(2) 地域におけるダーツの愛好グループやクラブを対象に基礎的技術や一般的身体活動を行い、 組織の育成にあたる者。

(受講料)
第7条 受講料等

受講料  登録期間   更新料
A級指導員 5,000円  年度間 5,000円
B級指導員 3,000円  年度間 4,000円
C級指導員 2,000円  年度間 2,000円

(義務)
第8条 指導員は、毎年度、講習会の実績報告書を提出しなければならない。

(罰則)
第9条 指導員が次の各号に該当する場合、JDAは、指導員資格の取り消しを含む処分を行うことができるものとする。
1.受験資格申請書に虚偽の記載があった場合
2.禁固以上の刑に処せられた場合
3.JDA公認指導員としてふさわしくない行為があった場合
4.JDAの規約、規程等に著しい違反があった場合
5.JDA の方針、決定にあえて違反した場合
6.年度登録料を納付しなかった場合
7.指導員として活動しているにも関わらず、実績報告書未提出の場合

(謝礼および報酬)
第10 条  指導員は、ダーツ指導に当たり社会通念上妥当な謝礼または指導の対価としての報酬を受領することができる。

この規程は、平成28年4月1日から施行する。

 

【講習内容】

A級指導員

講習内容は、次のとおりとし、全体を6時間で完了とするが、この時間を越えて実施しても良い。また、2回に分けての実施も認める。

講習 組織、競技会、指導、講習会、ダーツ全般
実技 ペンタスロンの5種目競技 各種目1点以上 合計15点(ポイント表より)
筆記 100点満点中70点以上で合格

B級指導員

講習会の内容は、次のとおりとし、全体を5時間で完了とするが、この時間を越えて実施しても良い。

講習 組織、競技会、指導、講習会、ダーツ全般
実技 ペンタスロンの5種目競技 各種目1点以上 合計5点(ポイント表より)
筆記 100点満点中60点以上で合格

C級指導員

講習会の内容は、次のとおりとし、全体を4時間で完了とするが、この時間を越えて実施しても良い。

講習 組織、指導、講習会、ダーツ全般
筆記 100点満点中60点以上で合格